【データで見る、ツイ伸び新人VTuber】2022年2月第1週はあまね、Ai Yumeka、猫瀬乃しん

LINEで送る
Pocket

企業・個人を問わず、毎日何十人もの新人がデビューしていくVTuberの世界。一方、すでに業界内には多くの才能が存在しているため、今の「推し」の動画・配信を追うだけで精一杯、新人まで気が回らないというVTuberファンも多いはず。そんな方に向けて送るのが本連載「データで見る、ツイ伸び新人VTuber」です。

分析・執筆は、Twitterのリストから随時4万人以上のVTuberのデータを収集して分析しているmyrmecoleonさんが担当。直近の7日間でTwitterのフォロワー数が急増したVTuberを数名紹介します。


こんにちは。myrmecoleonと申します。今回も最近勢いのあるVTuberを紹介していきます。以下は直近にTwitterのフォロワー数が急増したVTuberを並べたグラフです。過去に連載で取り上げたNimuさん、Vox Akumaさん、Mysta Riasさん、Shu Yaminoさん、Ike Evelandさん、Shotoさん、Luca Kaneshiroさん、Nina Kosakaさん、Shylilyさん、Mika Melatikaさん、Enna Alouetteさんも引き続き伸びており掲載されています。今回はここからあまねさん、Ai Yumekaさん、猫瀬乃(ねこぜの)しんさんの3名をピックアップ。伸びた原因も推測しつつ、プロフィールをまとめました。

VTuberリスト登録のTwitterアカウントから、2022年1月31日13時から2月7日13時にフォロワー数が5%以上増加したうちの増加数上位
データはTwitter APIより取得(以下同じ)。記事で取り上げたアカウントの棒グラフはオレンジ色に変えている
Ai Yumeka、猫瀬乃しんはピックアップのため追加

あまね

初配信よりスクリーンショット

あまねさんはVTuberグループ「たまぷろじぇくと」のメンバーで自称カリスマ系VTuber。Lカップの大きな胸ながらたまぷろじぇくと最年少のJC。あまねは愛称で本名は「合歓垣天音(ねむがきそぷら)」、2021年10月に先輩のすーぱーたま娘さんにサポートされつつ初配信してデビューしました。衣装等のデザインは成人向け漫画家で過去に紹介した蟻塚フォミカさんなども手がける朝凪さん。

「たまぷろじぇくと」はアダルトグッズの「タマトイズ」やAV制作で有名な「トータルメディアエージェンシー(TMA)」による「エッチな大人のエンターテイメント」VTuberグループ。2021年4月に発足し、過去に紹介したすーぱーたま娘さんや雛宮うさぎさんなどが所属しています。

あまねさんは自撮り投稿が趣味で男を煽るのが特技。活動は週一程度のペースでASMRを中心に配信しています。たまぷろじぇくと内外とコラボも行っており、1月31日にはサーヤさん、浅瀬ゆうぎさんとのコラボ配信をしました。ファンアートタグが「#そぷらーと」ですが、なぜかこれで飯テロ画像が送られる慣習がファンに定着しています。

StarryResonanceオーディション

今回の7日間では75%増となる9600人以上が彼女をTwitterでフォロー、YouTubeのチャンネルも2300人以上が登録しました。この伸びで現在「たまぷろじぇくと」でチャンネル登録数トップとなっています。このきっかけとなったのが、2月2日のツインテールの日にちなんで投稿した以下のツイート。画像はいずれも過去に投稿していたものですが、今回改めて注目されたようです。

フォロワーの傾向(該当アカウント群から300名超を無作為抽出の上フォローしているアカウントを集計。以下同じ)を見ると朝凪さんを筆頭にTwitterでイラストを投稿しているイラストレーターのフォロワーが多く、そうしたイラストの愛好者が注目したようです。VTuberではコラボしたサーヤさんのフォロワーが3割程度見られるほか、Projekt MelodyさんやGawr Guraさんなど英語圏のVTuberのフォロワーも見られ、上記の愛好者に関しても海外からが多い印象です。

朝凪さんのイラストはもともと海外でも人気が高く、今回ツイートで認知が進んでフォローされた傾向が見えます。あまねさん自身これ以前から海外向けにしばしば英語でツイートしており(上記ツイートにも英訳をつけています)、関わりやすい点もあったのかもしれません。

過去にもイラストのツイートをきっかけにVTuberに海外フォロワーが増える動きは見られましたが、「ツインテールの日」などにちなんで今回のように既存のイラストを投稿しても起こったのは興味深いところです。

Ai Yumeka

3Dモデルをお披露目した配信よりスクリーンショット

Ai Yumekaさんは英国で個人で活動しているサキュバスVTuber。もともとイラストなどを描いており、ちょうど1年前の2月14日頃にVTuberとしてデビュー。twitchの配信を中心に活動しています。配信はゲームが中心で特にレトロゲームを好み、最近は「ゼルダの伝説 風のタクト」をプレイ、またドット絵(海外ではpixel artと呼ばれます)でレトロ感のある海外の牧場RPG「スタデューバレー」を好んでよく遊んでいます。

今回の7日間では87%増となる1700人以上が彼女をTwitterでフォロー、twitchのフォロワーも増えておりこの期間で5000人を越えました。このきっかけが1月28日の配信ではじめて使用した3Dモデル。レトロゲーム好きの彼女の好みに合わせたドット絵調のデザインとなっており配信でも好評。特に彼女定番の「スタデューバレー」配信とは相性ぴったりで、他のゲームはそれまで使っていた2Dモデルで、 「スタデューバレー」はこのモデルでと使い分けている印象です。直接的にはこの3Dモデルで配信中のトラブルを切り抜いた2月1日のツイートが注目、以降フォロワーが増加しました。

7日間の新規フォロワーを見るとironmouseさんやGawr Guraさんなど英語圏で人気のあるVTuberのフォロワーが目立ち、英語圏のVTuberファンが広く関心を持った傾向がうかがえます。

ドット絵はゲームファンを中心に国内外でいまも人気は高く、有栖川ドットさんのようにドット絵アニメーションによるゲーム実況で活動するVTuberもいます。最近VTuberでよくプレイされているゲーム「NEEDY GIRL OVERDOSE」もドット絵のグラフィックを採用など表現としてのドット絵は現在も愛されており、Ai Yumekaさんの伸びもこうした趣向が支持されたものでしょう。彼女自身のレトロゲーム好きも背景にあり、自分が好きなものになれるVTuberらしい事例のひとつと言えます。

猫瀬乃しん

初配信よりスクリーンショット

猫瀬乃しんさんは「のりプロ」の新グループ「のりプロゲーマーズ」のメンバー。「今夜あなたの心を盗みに参ります。」がキャッチフレーズの猫耳の怪盗。美男子のような見た目でやや低い声ですが女性です。過去に紹介した稲荷いろはさん、レグルシュ・ライオンハートさんと同期になります。衣装等のデザインはホロスターズの奏手イヅルさんやNIJISANJI ENのIke Evelandさんも担当しているイラストレーターのTCBさん。

「のりプロ」は犬山たまきさんで知られる漫画家・佃煮のりおさんがプロデュースするVTuber事務所。 「のりプロゲーマーズ」 はその新展開として昨年11月末ののりプロ2周年座談会で発表され、鬼灯わらべさんをリーダーに猫瀬乃しんさんら新人3名がTwitterでの活動を開始、1月28日にリレーで初配信しました。それぞれ犬山たまきさんや鬼灯わらべさんに指導され準備してきたそうです。

猫瀬乃しんさんも「ゲーマーズ」らしく趣味はゲームで、これまでテトリス・マイクラ・ホラーゲームなどバリエーション豊かなゲームを配信でプレイ、FPSも好きで先日はのりプロゲーマーズ3人で「Apex Legends」配信も行いました。初配信で歌を披露するなど歌もお好きで、歌枠もしており特技は絶対音感。また普段の配信は見た目通りのイケボですが、一発芸と称して幅広い物真似のレパートリーも披露、愛猫「とと」と触れあうときは柔らかい声になるなど幅広い声のギャップも魅力です。

今回の7日間では11%増となる1200人以上が彼女をTwitterでフォロー、YouTubeのチャンネル登録数も4500人近くと増加しています。のりプロゲーマーズの3名とも順調に伸びているところです。7日間の新規フォロワーを見ると現在もやはり犬山たまきさんのフォロワーが最多で7割、鬼灯わらべさんのフォロワーも目立ちます。ほか特徴的なところではにじさんじのアンジュ・カトリーナさんやホロライブの鷹嶺ルイさんなど同様に低めな声の女性VTuber、TCBさんつながりのIke Evelandさんなど男性VTuberのフォロワーも目立ちました。

のりプロゲーマーズの新人3人は好調な伸びですが、まだのりプロ既存のリスナーからの認知を広げている段階と思われます。一方で猫瀬乃しんさんはこれまでののりプロとやや傾向の違うキャラクターから女性ファンも多そうで、新しい層を開拓している気配があります。歌にゲームに物真似と幅広いスキルもあり、今後の活躍が期待される新人VTuberの一人と言えるでしょう。


(TEXT by myrmecoleon

 
●関連リンク
あまね(Twitter)
あまね(YouTube)
Ai Yumeka(Twitter)
Ai Yumeka(twitch)
Ai Yumeka(YouTube)
猫瀬乃しん(Twitter)
猫瀬乃しん(YouTube)