エーテル・クレスエンティア・VTuber Fes Japan特別インタビュー 「バーチャルだけどチャリティ活動でリアルに影響を与えたい」

LINEで送る
Pocket

4月29、30日、幕張メッセの「ニコニコ超会議 2022」内で開催されるバーチャルアーティストによる音楽&トークライブフェス「VTuber Fes Japan 2022」(関連記事)。

業界を代表するバーチャルタレントが個人・企業の枠を超えて一堂に会するというイベントだが、今年は初めて「出ようぜ!VTuber Fes ステージ出演オーディション」と題した企画も行なっており、自分から実力をアピールしてステージの出演権を勝ち取りたいというVTuberにも門戸を開いている。

そんなオーディションにおいて、ルーキー、チャレンジャー、ユニットの3部門で出演権を獲得したVTuberにPANORAはインタビューを敢行した。今回はルーキー部門エーテル・クレスンティアさんにお話を聞いた(以下、敬称略)。

VTuber Fes出演者インタビューなど「ニコニコ超会議 2022」の関連記事はこちら


「恐山ル・ヴォワール」歌ってみたが中国でも注目

──今回、初めて知る方もいるかもしれないので、まずは簡単に自己紹介をお願いできますか。

エーテル ごきげんよう〜。ミュージカルスターを目指しています、エーテル・クレスエンティアと申します。1万8000歳の魔族です。よろしくお願いしますー。

 
──1万8000歳! しかも魔族なのに物腰が柔らか! どの辺ご出身の魔族なんでしょうか……?

エーテル 月の世界から来ました。

 
──月!!! 地球はどうでしょうか?

エーテル あっ、地球の月とはまた違う月から来ました。あのー、ミュージカルをやりたくて、地球のミュージカル俳優とコラボレーションしながら活動しています。

 
──エーテルさんのVTuberとしてのデビュー配信は2019年7月ですが当時、どんな感じで活動を始めたのですか?

エーテル エーテルはもともと魂だけの存在で、活動するために姿が必要だったのですが、当時、「カスタムキャスト」さんというアプリを見つけて活動を始めました。とても簡単で、パーツをそのまま持ってこられる感じとか、ニコニコ生放送の配信にすぐに飛べるところとかが使いやすくて選ばせていただきました。

 
──自分の姿をつくるにあたってこだわられた点は?

エーテル やっぱり髪の毛や肌の色とかにすごくこだわりました。銀髪というか、紫というか、エーテルをイメージしています。あとは月などのモチーフも取り入れています。

StarryResonanceオーディション

 
──非常に凝っていますね。当初から歌が活動の中心だったのでしょうか?

エーテル そうですね、みなさんに歌を知っていただきたいということで歌の投稿を始めましたが、それだけでなくファンのみなさまとも交流したかったので生配信でも活動しています。エーテルも好きで、ニコ生でも好きな方が多いゲーム配信も含めて、幅広い活動をしていこうと思っています。

 
──そんな活動の中で印象深かった出来事は?

エーテル 一時期、歌ってみたで投稿した「恐山ル・ヴォワール」をbilibiliの方々に注目していただいたことがあって、そこからファンの方が増えたと言う実感があります。

 
──過去に投稿されていた「茉莉花」は中国語の曲で、めちゃくちゃ流暢に歌われていますが、ひょっとしてバイリンガルの魔族ですか!?

エーテル しゃべることはできないんですが、発音は聞いて真似ができるので、よく外国語の歌を歌ったりしています。もちろん感情を込めて歌うために、あとから歌詞を勉強するのですが、まずはしっかりとネイティブの方の発音を真似て歌うというのをやっています。

 
──すごい才能ですね! そうした2年半にわたって積み上げてきた歌動画や生配信で気づいたファンの方々が、今回のオーディションを支えてくれたのかもしれません。

エーテル そうなんです。ニコ生の配信を見てオーディションに来てくださったファンの方が多くて、応援もそこからいただいてるんじゃないかなという感じがしました。

 
──きっとそうです。オーディションの最終審査の配信を見直していただければ分かるのですが、エーテルさんが見えないぐらい、画面にずっとギフトが出続けていた感覚で驚きました。


本番では歌と踊りの両方で魅せたい

──そんな大盛況のオーディションでしたが、エーテルさんはどんなお気持ちで臨んでいたのでしょうか?

エーテル 今までマイペースに活動してきて、そういうまったりとした感じに魅力を感じて集まってきてくれたファンの方々が多かったので、オーディションに参加するとことでどんな反応をいただけるのか正直わからなかったんです。ガツガツとしたアグレッシブな感じよりは、癒しが求められているのかな、とか。そんな不安なところもあったのですが、実際に参加したらすごく応援していただけて驚きました。

準備という点でも、そもそも出るか出ないかで悩んでいて、締め切りの4時間前に応募するぐらいにギリギリでした。でも、参加表明をしてからは、ファンの方々から数字的にも応援いただけて、それに恩返しをしたいという一心で人生で一番ぐらいに頑張りました。

 
──勝つための戦略みたいなのは考えていたのですか?

エーテル そんな頭のいいことまでは考えてなかったですが、配信期間は毎日配信して、10日間歌唱動画を上げるという期間は新しいカバー曲動画を毎日リリースしようということで、がむしゃらにやっていました。

ただ歌については結構考えていて、毎日元気な歌というよりは、元気、しっとり、元気、しっとり……とミルフィーユみたいな出し方をしようとか、バズれるかなと思ってアニメのBGMを口三味線で歌ってみた動画も出したりしますね。

 
──最終選考本番の「創聖のアクエリオン」もニコニコ動画の定番曲だから選んだという? 個人的には「だいぶ懐かしいな!」と思いました。

エーテル 昔からいらっしゃるニコニコの方々はもちろんなんですけど、普通にテレビを見られているような方でもサビの部分だけは多分知ってると思うんです。なので選ばせていただきました。

 
──本人的に出来はどうでしたか?

エーテル すっごく緊張しました(笑)。案の定、やっぱり歌唱審査のときもすごく声が震えて、オーディションの後の配信でファンの方々にもからかわれたんですが、それも今のリアルな実力で受け入れようと思っていました。

 
──でも見事、幕張のステージに立てることになったという。発表されたときのお気持ちは?

エーテル 本当に嬉しかったです。もちろん一生懸命やっていたのですが、端っこの方で活動していた個人勢のVTuberですし、そもそもYouTubeでの登録者数が1万人以下というルーキー部門なので応援してくださる方も国内では少ないのかなと思っていたので、こんなに応援いただけてるんだっていうのを初めて実感して、本当に嬉しかったですね。

 
──いい話だ……。そもそもニコニコ動画が、ボカロPや歌ってみたや絵師、動画師など、実力はあるけど知られていなかったクリエイターが作品を発表することで大きく伸びてきたというサービスなので、場の文脈にもすごくあってますよね。

エーテル そういう方々に続けたら嬉しいなっていう風に思います。


──VTuber Fesのステージでどんなパフォーマンスを見せたいですか?

エーテル やっぱりエーテルはミュージカルVTuberなので、ダンスも一緒にパフォーマンスに取り入れられたらと思います。オーディションのときもお見せしたんですが、バレエが得意なので、踊りも一緒にお見せできたらいいなと思っています。

 
──確かに歌も踊りも両方得意なVTuberさんって、そう聞かないのでステージで目立つと思います。その先にやっていきたいことはありますか?

エーテル いろいろありますが、オリジナル楽曲を制作したいですし、もっと多く見にきていただけるようになったらチャリティ配信をやりたいです。というのもVTuberってやっぱりバーチャルの世界で、提供しているのも直接人の心に訴えかける不確かなものじゃないですか。

でも、これからミュージカルVTuberを仕事としてやっていくにあたって、何が大切かと考えたときに、人のために役立つというのが一番じゃないかと。形のないものだけど、実世界に影響を与えていく活動がやれたらいいなと思って、今、みなさんからいただいた応援を綺麗な水が飲めない世界の方々に寄付できればと考えています。VTuber Fesの本番のステージをご覧いただき、ぜひこれからも応援してくださいね。

 
 
(TEXT by Minoru Hirota


<VTuber Fes Japan 2022 Supported by Paidy 開催概要>
・主催:ドワンゴ
・日程:2022年4月29日(金・祝)、30日(土)
・会場:幕張メッセ ニコニコ超会議2022特設ステージ
・ニコニコ生放送配信URL:
 DAY1:4月29日(金・祝)開演 14:30~
 https://live.nicovideo.jp/watch/lv336038713

 DAY2:4月30日(土)開演:14:00~
 https://live.nicovideo.jp/watch/lv336038799


●関連リンク
VTuber Fes Japan 2022(公式サイト)
VTuber Fes Japan 2022(Twitter)
プレミアムグッズ付き 2日間通しチケット(ドワンゴジェイピーストア)
ドワンゴチケット
エーテル・クレスエンティア(Twitter)
エーテル・クレスエンティア(YouTube)