ヤマハ、バーチャルマーケットに初出展 楽器の試奏やボカロカルチャーを体感できるフロアも

LINEで送る
Pocket

株式会社HIKKY

株式会社HIKKY(本社:東京都渋谷区、代表取締役:舟越靖)は2022年12月3日(土)〜18日(日)に世界最大級のVRイベント『バーチャルマーケット2022 Winter』を開催します。本イベントに、ヤマハ株式会社の初出展が決定。企業出展会場となる、「パラリアルパリ」の街にヤマハ銀座店をモチーフとしたブースを出展し、VRならではの演出で楽器演奏やライブ配信などを体験できる場を提供します。

ヤマハ銀座店をモチーフにした出展ブースイメージヤマハ銀座店をモチーフにした出展ブースイメージ『バーチャルマーケット2022 Winter』は、参加者が世界中のどこからでも会場にアクセスし、出展企業の製品やサービスを体験したり、アバターなどの3Dデータ商品やリアル商品(洋服、PC、飲食物など)を売り買いしたりできるメタバース上のイベントです。ヤマハ株式会社は「顧客ともっと繋がる」「新たな価値を創出する」を中期経営計画の重点テーマとして掲げており、お客様の生の声を得ることで新たなアイディアの創出へつなげることや、来場者にヤマハのファンになっていただくことを目的に、今回、同イベントに初めて出展します。

 ヤマハブースは3フロアの構成で、1階は誰もが楽器演奏を体験できる「試奏フロア」、2階はボーカロイドカルチャーの世界を存分に楽しめる「ボカロフロア」、地下1階はライブステージやイベント会場としても使える「スタジオフロア」となっています。

ヤマハブース店頭の様子ヤマハブース店頭の様子

  • 【出展ブース概要】
StarryResonanceオーディション

「パラリアルパリ」のエッフェル塔を臨むロケーションに、ヤマハ銀座店をモチーフにしたブースを構えます。きらめく楽器が建物の周囲や頭上を踊るように飛び回ったり、ガラス張りの入り口が回転してお客様を出迎えたりするなど、VRならではの心躍る演出を盛り込んでいます。

1階:試奏フロア
ヤマハのエレキギター、ベースギター、ドラムセット、アルトサクソフォン、グランドピアノ、Line 6のギターアンプ、Ampegのベースアンプからモデリングした3D楽器を展示します。精巧に再現された各楽器を好きな角度から細部まで眺めていただけるほか、展示楽器の“試奏体験”も可能。曲に合わせたにぎやかな空間演出とともに楽器演奏を楽しんでいただけます。
また期間中、ヤマハの店舗で実際に働いている社員が日時限定でブースに登場します。普段はお店に行かないと会えない社員とVR上でコミュニケーションをとることができます。

2階:ボカロフロア
ボーカロイドカルチャーに関わるクリエイターやファンへのリスペクトを込めたフロアです。最新の「VOCALOID™6」を紹介するほか、キャラクターフォトブースを設置。初音ミク、Megpoid(メグッポイド)の等身大パネルと一緒に写真を撮っていただけます。また、ストリーマーに人気の高いヤマハのライブ配信向け機器「AGシリーズ」を3Dアイテム化して展示し、有名ボカロプロデューサー、ピノキオピーの代表作「神っぽいな」の“踊ってみた”動画のライブ配信を疑似体験できるコンテンツをご用意。「AGシリーズ」に触れると、来場者のアバターがモニターに吸い込まれ、「神っぽいな」のPVをバックにアバターがモニターの中でダンスを踊ります。

地下1階:スタジオ
ヤマハ銀座スタジオを模した空間で、バーチャルライブや対談イベントを開催します。イベント開催時以外の時間帯は、スタジオのステージ上に展示した3D楽器を自由にご覧いただけます。

  • 【スタジオイベント詳細】

Yamaha×AWAKE VirtualMarket Special Music Night 
VRChat上のライブハウス「V-Kitazawa AWAKE」とのコラボレーションによるライブイベント。AWAKEで活躍する人気のVRアーティストがリアルタイムで演奏を行います。
配信日時および出演アーティスト:
12月10日(土)21:00~22:30 はっぱといとい、CROWK、PHAZE
12月17日(土)21:00~22:30  JOHNNY HENRY、不眠症女、StrollZ、

ボカロP × ヤマハ開発者 -二つの視点で”ボカロ文化”を語る-
ボカロPとヤマハの「VOCALOID」開発者による対談イベント。ボーカロイド開発秘話やボカロPとボーカロイドの出会い、ボーカロイドの今後などについて、クリエイターと開発者という異なる視点から語り合います。
配信日時および出演者:
12月6日(火)18:00~19:00 ボカロP ねじ式、ヤマハ株式会社電子楽器開発部 吉田雅史

【Yamaha AG/ZG 解体新書】 120%使いこなす⁉ 開発者トーク!! 【VketからLive配信】
ストリーマーに人気の高いライブ配信機器「AGシリーズ」と、ゲーム配信に特化したオーディオミキサー「ZGシリーズ」。発売直後から話題を集めた両シリーズについて、開発者が開発裏話などを語ります。
配信日時および出演者:
12月9日(金)18:00~19:00 ヤマハ株式会社プロオーディオ事業部 金田匡史、白井瑞之

配信日時、内容については変更の可能性もありますので、イベント最新情報は公式サイトでご確認ください。
上記イベントは、YouTubeライブ配信も同時に行います。詳細は公式サイトをご覧ください。
https://winter2022.vket.com/

【バーチャルマーケット(通称Vket)について】
メタバース上にある会場で、アバターなどの3Dアイテムやリアル商品(洋服、PC、飲食物など)を売り買いできる世界最大のVRイベント。2018年より開催する、日本はもとより世界中から100万人を超す来場者を誇り、ギネス世界記録™にも認定※された、メタバースの先駆け的イベントです。商品売買の他にも会場内で乗り物に乗ったり、映画を観たり、音楽ライブに参加するなど、バーチャル空間ならではの”体験”も提供。さらに来場者間で音声によるコミュニケーションが可能で、現実世界で一緒に街を巡っているかのような臨場感が楽しめます。 
3Dデータ商品の個人間売買を目的に始まったバーチャルマーケットですが、近年ではメタバース事業に参入したい大手企業によりリアル商品の販売も充実し、VRコマースの新たな可能性を創出しています。
※バーチャルリアリティマーケットイベントにおけるブースの最多数として

【バーチャルマーケット2022 Winter開催概要】

名称:バーチャルマーケット2022 Winter
主催:VR法人HIKKY
会期:2022年12月3日(土)~18日(日)(計16日間)
テーマ:NEXT Journey
企業出展会場:パラリアルパリ/パラリアル名古屋/パラリアル札幌
公式サイト:https://winter2022.vket.com/
公式SNS:Twitter→https://twitter.com/Virtual_Market_
YouTube→https://www.youtube.com/c/vketchannel
Instagram→https://www.instagram.com/vket_official/
来場方法:VR機器・ゲーミングPCからはVRChat内特設ワールドにご来場いただけます。

一部、 スマートフォン等からURLクリックのみで入場できるブラウザ会場もご用意いたします。
https://winter2022.vketcloud.com/ (※左記ページは12/3よりオープンいたします)

また、一部の会場はMeta Quest単体からもご入場いただけます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ