VRのファッションコンテスト、第1回「アバターアワード2020」審査員発表 軍地彩弓、いとうのいぢ、三木一馬、幾原邦彦ら参画

LINEで送る
Pocket

VRMコンソーシアムは27日、11月9日より開催しているVRアバターのファッションコンテスト「アバターアワード2020」について審査員を発表した。

本アワードはアバター文化の振興とクリエイターの社会的認知度向上を目的として、一般より広く3Dアバター作品を募集し、優れた作品を表彰するもの。募集期間は11月30日までで、優秀作品は12月13日に生配信する表彰式のバーチャルランウェイにて紹介する。

表彰式のMCは、ニッポン放送のアナウンサー・吉田尚記さん。第1回目の審査員は、ファッション誌の「ViVi」や「VOGUE GIRL」など数々の雑誌を手がけてきたファッション・クリエイティブ・ディレクター・軍地彩弓氏、「涼宮ハルヒ」シリーズの挿絵を担当するイラストレーター・いとうのいぢ氏、「ソードアート・オンライン」(SAO)を手掛けた編集者・三木一馬氏、アニメ「輪るピングドラム」や「さらざんまい」を手がけた幾原邦彦氏が参画する。審査は、アバター作品の「キャラクター性・ファッション性・先進性」が評価基準となる。

 
●軍地彩弓

ユージェネバーチャルタレント募集

編集者/ファッション・クリエイティブ・ディレクター。講談社「ViVi」編集部でフリーライターとして活動。その後、「GLAMOROUS」の立ち上げに尽力する。2008年に現コンデナスト・ジャパンに入社。クリエイティブ・ディレクターとして、「VOGUE GIRL」の創刊と運営に携わる。2014年に株式会社gumi-gumiを設立。「Numero TOKYO」のエディトリアルアドバイザー、ドラマ「ファーストクラス」(フジテレビ系)や映画のファッション監修、
Netflixドラマ「Followers」のファッションスーパーバイザー、企業のコンサルティングなど幅広く活動。

 
●いとうのいぢ

Exif_JPEG_PICTURE

ノベルのカバーイラストや挿絵、アニメ、ゲームのキャラクターデザインなどで活動。主な仕事に「涼宮ハルヒ」シリーズ挿絵&キャラデザイン、「灼眼のシャナ」挿絵&キャラデザイン、「天久鷹央の推理カルテ」シリーズ装画など。

 
●三木一馬

ライトノベル編集者。元・電撃文庫編集長。現在は株式会社ストレートエッジ代表取締役。主な担当作品に「ソードアート・オンライン」、「魔法科高校の劣等生」、「とある魔術の禁書目録」など。
自らの著書に「面白ければなんでもあり 発行累計6000万部――とある編集の仕事目録」がある。近著では自らラノベ「チートの王」を執筆、ウェブで公開している(https://ncode.syosetu.com/n3229ga/)。

 
●幾原邦彦

アニメーション監督、原作、脚本。小説、漫画原作、音楽プロデュース。代表作として「少女革命ウテナ」、「輪るピングドラム」、「さらざんまい」など。

 
●MC・吉田尚記

1975年、東京都生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。ニッポン放送アナウンサー。ラジオ番組でのパーソナリティのほか、テレビ番組やイベントでの司会進行など幅広く活躍。また漫画、アニメ、アイドル、デジタル関係に精通し、「マンガ大賞」発起人となるなど、アナウンサーの枠にとらわれず活動を続けている。2012年に第49回ギャラクシー賞DJパーソナリティ賞受賞。著書に「なぜ、この人と話をすると楽になるのか」(太田出版)、「元コミュ障アナウンサーが考案した 会話がしんどい人のための話し方・聞き方の教科書」(アスコム)など。Twitterアカウントは@yoshidahisanori

 
●第1回「アバターアワード2020」 開催概要
・主催:一般社団法人VRMコンソーシアム
・実行委員長:大前広樹(一般社団法人VRMコンソーシアム 理事 渉外委員会委員長 / ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン 日本代表ディレクター)
・応募期間:2020年11月9日(月)15:00 ~ 2020年11月30日(月)23:59
・応募方法:TwitterでVRMコンソーシアム事務局をフォローし、自身のアバターのベストショット、全身がわかる画像を添付してハッシュタグ「#AvatarAward2020」を付けて投稿。
*アバターの作成方法:fbx、vrm形式であれば、作成方法は自由。市販のアバター作成アプリの利用も可能。
・最終選考:ノミネートされた場合、VRMコンソーシアム事務局よりDMにてご連絡します。その際、ランウェイ撮影のためアバターデータをご提供いただきます(fbx、vrm形式)。その他、詳細に関しましては、公式サイトの応募要項をご確認ください。
・表彰式:2020年12月13日(日)20:00~

 
 
●関連リンク
アバターアワード2020(公式サイト)
アバターアワード2020(Twitter)
VRMコンソーシアム