ウタゴエ放送部が活動継続のためのクラファンを実施 運営「最大のリターンは活動を継続すること」

LINEで送る
Pocket

7月21日、バーチャルシンガーバンド「ウタゴエ放送部」は、活動継続のためのクラウドファンディング「Vシンガーバンド『ウタゴエ放送部』の活動を継続したい!」の実施を発表した。

ウタゴエ放送部は、メンバーでバーチャルシンガーの音羽ララさんの活動をはじめとするVTuber音楽バンド。これまでにユニゾンライブが運営していることを発表しており、かつてはupd8にも所属しプレスリリースによるとgumi venturesの運営するファンドから総額5040万円の資金調達を実施していた。また、中国展開においては中国進出を目指すVTuberをサポートするプロジェクト「ムジゲン」による支援を受けていた(関連記事)。

今回のクラウドファンディングで、同プロジェクトは長期化したコロナ禍の影響により経済的な影響を受けているといい、活動継続が厳しい状態だと発表している。そのため、今回集めた支援金は手数料・リターン制作費を差し引き、活動費に充当するとのこと。

ユージェネバーチャルタレント募集

今回の発表で、マネージャー、メンバー3人から各々の言葉で支援を呼び掛けており、マネージャーのぶーたさんは「『ウタゴエ放送部活動支援クラウドファンディング』の最大のリターンは活動を継続することです」と説明。音羽ララさんは、自身の配信の中で「1番伝えたいことは、これからも頑張って活動を続けたいのでみんなに力を貸していただけませんか?」と思い、文章を書いたと言及した。

春歌みことさんは、メンバーの中では最も長い文章で、自分の活動に対する正直な気持ちや今までの活動にかける想い、「3人で叶えたい夢がまだまだいっぱいあるんだよね」と今回のクラウドファンディングに対する希望や思いをぶつけている。

三拍ユッコさんは、「可能な限りでいい。諸君からの支援を賜りたい。よろしく頼む。」と淡々とした文章で援助を求めた。

今回のクラウドファンディングは、120万円を目標額としている。ただし、目標はあくまで「活動の継続」であり、クラウドファンディングで目標金額に達したからと言って永続的に活動を継続することを約束するものではない。活動継続のためには、グッズの購入やスーパーチャットの送信をはじめとする資金援助はもちろん、Twitterでのリツイート共有なども含め、ファンたちの大小のサポートが力になるだろう。

また、7月24日には「わくわく!VTuberひろば おんらいん Vol.8」に音羽ララさん、三拍ユッコさんが出演する。今後の活動を見守りたい。

ツナ津

※お詫びと訂正:初出時、目標金額を1200万円としておりましたが、正しくは120万円でした。訂正してお詫び申し上げます(2021年7月23日18時12分)

■関連リンク
Vシンガーバンド「ウタゴエ放送部」の活動を継続したい!
ウタゴエ放送部購買(BOOTH)
ウタゴエ放送部プロジェクト(YouTube)
ぶーた@ウタゴエ放送部公式(Twitter)
音羽ララ(Twitter)
春歌みこと(Twitter)
三拍ユッコ(Twitter)