【データで見る、ツイ伸び新人VTuber】2021年10月第4週はさえきやひろ、茜音カンナ、紫水キキ

LINEで送る
Pocket

企業・個人を問わず、毎日何十人もの新人がデビューしていくVTuberの世界。一方、すでに業界内には多くの才能が存在しているため、今の「推し」の動画・配信を追うだけで精一杯、新人まで気が回らないというVTuberファンも多いはず。そんな方に向けて送るのが本連載「データで見る、ツイ伸び新人VTuber」です。

分析・執筆は、Twitterのリストから随時3万人以上のVTuberのデータを収集して分析しているmyrmecoleonさんが担当。直近の7日間でTwitterのフォロワー数が急増したVTuberを数名紹介します。


こんにちは。myrmecoleonと申します。今回も最近勢いのあるVTuberを紹介していきます。以下は直近にTwitterのフォロワー数が急増したVTuberを並べたグラフです。過去に連載で取り上げたNimuさん、Millie Parfaitさん、寧々丸さん、Enna Alouetteさんも引き続き伸びており掲載されています。今回はここからさえきやひろさん、茜音(あかね)カンナさん、紫水(しすい)キキさんの3名をピックアップ。伸びた原因も推測しつつ、プロフィールをまとめました。

VTuberリスト登録のTwitterアカウントから、2021年10月18日13時から25日13時にフォロワー数が5%以上増加したうちのフォロワー数増加上位
データはTwitter APIより取得(以下同じ)。記事で取り上げたアカウントの棒グラフはオレンジ色に変えている

さえきやひろ

今年4月の新モデルお披露目よりスクリーンショット

さえきやひろさんはものづくりが大好きなバーチャル小学五年生。2018年6月に自己紹介動画を初投稿。活動はゲーム配信などのほか、イラストや3Dモデリングも得意とし、自分自身のほかピーナッツくん甲賀流忍者ぽんぽこさん、名取さなさんなど複数のVTuberの3Dモデルを制作しています。毎日小学生新聞で連載された「ココ・チャンネル〜がめんの向こうの彼女〜」では絵を担当。また「ほねっこぱれーど」など複数のオリジナル曲を持つなど、マルチに活動するVTuberです。

交友関係も広く、もちひよこさん・星咲ちあさん・甲賀流忍者ぽんぽこさんとは「てぇてぇトレイン」としてしばしばグループで活動、惜しくも台風のため中止となりましたが10月1日のバーチャルTIFにも出演予定でした。またさえきやひろさんと天死ちゃんら計6名によるグループ展「Virtual Creator文化祭 ヴんか祭」が11月26~28日に原宿デザフェスギャラリーで開催予定です。

StarryResonanceオーディション

今回の7日間では36%増となる7300人以上が彼女をTwitterでフォロー、YouTubeのチャンネルも700人以上が登録しました。このきっかけが星街すいせいさんの2つの新衣装。19日の配信に披露されたセーラー服での新衣装、21日のソロライブで披露されたライブ衣装のそれぞれをさえきやひろさんがデザインし話題となりました。フォロワーの傾向(該当アカウント群から300名超を無作為抽出の上フォローしているアカウントを集計。以下同じ)を見るとやはり星街すいせいさんのフォロワーがほとんどを占めています。

活動歴が長く、昔からのVTuberファンにはよく知られてるさえきやひろさんですが、同様の個人での活動からホロライブに所属し豊洲PITでソロライブを開催するまでになった星街すいせいさんをきっかけに、新規のVTuberファンにも広く注目されたようです。マルチな側面を持つVTuberならではの伸び方と言えるでしょう。

茜音カンナ・紫水キキ

茜音カンナ

ソロ初配信よりスクリーンショット

紫水キキ

ソロ初配信よりスクリーンショット

茜音カンナさん、紫水キキさんは774inc.の新グループ「緋翼のクロスピース」のメンバー。異世界に飛ばされた6人の少女たちで、10月20日より活動を開始、デビュー時は「異世界より大冒険をお届け」との触れ込みでしたが、24日の全員での初配信の直前に異世界から現代に出戻り。ほかの774inc.メンバーと同じ北区赤羽を舞台に活動することになりました。各デザイン原案はイラストレーター・漫画家のりいちゅさんが手がけています。

茜音カンナさんは歌と犬と平和が好きな剣士。全体の初配信では精神年齢が分かる心理テストから2歳児といじられ、他のメンバーからもおばかキャラ的に扱われていますが、27日のソロ初配信では全編で歌を披露、低音のパワフルな歌声で、かっこいいアップテンポな歌からせつないバラードまで見事に歌いこなしました。

紫水キキさんは支配させてくれる器を探す魅惑のパペットマスター。全体の初配信ではエコーも駆使しながら蠱惑的な声を披露、他のメンバーをからかうなどいたずら好きなところもあります。26日のソロ初配信ではゆるく雑談しつつリスナーをいじり、ラストの歌では巧みな表現の魅力的な歌声を披露しました。

Twitter活動開始を含む今回の7日間ではともに5600人以上が彼女たちをTwitterでフォロー、YouTubeのチャンネルも2800人以上が登録しました(YouTubeのバグにより現在は下回っています)。7日間の新規フォロワーを見るといずれも周防パトラさんや因幡はねるさんを筆頭に774inc.の先輩メンバーのフォロワーがほとんどでした。

774inc.ひさびさの新グループ・新メンバーということもあり、先輩のファンたちが注目したようです。かつてはあにまーれ・ハニストといったグループ毎の印象の強かった774inc.が、2020年のさまざまな動きを経て一つのまとまりとなったのがよく分かる動きと言えるでしょう。

「緋翼のクロスピース」は歌の上手いメンバーが多く、28日にはメンバー全員での歌ってみた動画も公開されました。歌声の個性が際立ち、残りのメンバーの涼海ネモさん、瑚白ユリさん、橙里セイさん、家入ポポさんともども今後の活動が期待されます。


(TEXT by myrmecoleon

 
●関連リンク
さえきやひろ(Twitter)
さえきやひろ(YouTube)
茜音カンナ(Twitter)
茜音カンナ(YouTube)
紫水キキ(Twitter)
紫水キキ(YouTube)