シュタインズ、自宅で現代アートが楽しめるVR展の第1弾「A4 VR CROSSING」を3/25より開催

LINEで送る
Pocket

シュタインズは、VR空間を利用したアート展示会サービスの第1弾として、台北での開催されるアート展示会「A4 Taipei CROSSING」(3月25日〜4月10日)の間、VR空間での日本人現代アート展示会「A4 VR CROSSING」を行うと発表した。

アーティストマネジメント会社Alternative Art Agency ASAKURA(A4)の協力のもと、注目の日本人現代アーティストが参加する。また、NFTの販売を、カイカエクスチェンジが運営するZaifとFISCO Decentralized Application Platformが手掛ける「Zaif NFT Marketplace」と合同で行う。

StarryResonanceオーディション

本展示会では、旬の日本人アーティスト9人の作品展を、台北現地まで行くことなく、VR空間で自宅から楽しめる。スペースに制限のないVRの強みを生かして、新作だけでなく過去の作品も観覧可能だ。また、一部作品についてNFTを的に導入しており。今後、VR空間でのNFTのサービス化を予定している。

<VR展示会概要>
【タイトル】A4 VR CROSSING
【対応デバイス】スマホ(Andoroid 6.0 以上)、Meta Quest(Side Quest)、PC
【参加費用】無料
【開催期間】2022年3月25日(金)から2022年4月10日(日)
【NFT購入方法】シュタインズ公式サイトにて説明

<参加アーティスト>
カメ子カメ男(Kameko Kemeo)、YORU(ヨル)、ヨコサカ タツヤ(Tatsuya Yokosaka)、名取加奈子(Kanako Natori)、オギハラフウカ(Fuka Ogihara)、YUSUKE TODA(戸田悠理)、SATOSHI OKANO、Elly Kawaguchi(川口絵里衣)、橘川裕輔(Yusuke Kitsukawa)

<アプリ入手先>
・Android版(3月25日以降):http://steins.works/2022/03/08/325/
・Meta Quest版:https://sidequestvr.com/
・PC版:https://vr-museum-on-web-demo.web.app/

●関連リンク
株式会社シュタインズ