360度カメラ「RICOH THETA Z1 51GB」4/28に発売開始 容量が19GBから51GBへ

LINEで送る
Pocket

リコーおよびリコーイメージングは15日、同社の展開するワンショットで静止画や動画を撮影できる360°カメラ「RICOH THETA」(リコー・シータ)の最上位機種として「RICOH THETA Z1 51GB」を4月28日に発売すると発表した。価格はオープン、公式ストア価格は13万2800円(税込)となる。

本モデルは、先月25日に販売を予告していた(関連記事)。2019年5月に発売した最上位機種「RICOH THETA Z1」の内蔵ストレージを拡張したモデルだ。基本性能はそのままに、ストレージ容量を気にせずに利用したいという市場のニーズに応え、保存可能な容量を従来機種の19GBから51GBへと大幅に増強した。RAW+で約900枚、JPEGで約6350枚の撮影データを本体ストレージに保存できる。

StarryResonanceオーディション

一般のユーザーはもちろんのこと、不動産物件の閲覧や、建設現場における進捗管理などのビジネス市場においても、活用を見込んでいるとのことだ。

(TEXT by アシュトン)

●関連記事
360度カメラ「RICOH THETA Z1 51GB」 最上位モデルの内蔵容量拡張版を4月下旬発売

●関連リンク
RICOH THETA Z1 51GB 製品ページ
リコー公式サイト
ニュース