アイドル部が全員卒業に 3年間輝いた「十二星」の歩んだ道を振り返る

LINEで送る
Pocket

アップランドが運営しているVTuber事務所「.LIVE」の「アイドル部」は30日、メンバー全員が卒業となった(関連記事)。

花京院ちえりさん、神楽すずさん、カルロ・ピノさん、もこ田めめめさん、ヤマトイオリさんの5名は.LIVEで活動を継続。八重沢なとりさん、北上双葉さん、金剛いろはさんの3名は既に引退配信を行っており、活動を終了。一方で、長期に渡って活動が停止していた牛巻りこさん、木曽あずきさんは何もメッセージを残すことなく、そのまま引退という形となった。

牛巻りこさんは、2019年12月1日に体調不良を理由に活動を休止。当人のTwitterアカウントも2019年10月25日を最後に更新が途絶えており、ファンからは心配の声があがっていた。

活動休止以前にも、配信にて「電脳アルバイトが忙しい」と何度も発言しており、他のメンバーより配信の頻度も低かった。電脳アルバイトはプログラミングとのことで、プログラムを作成する配信を行ったり、自作ツールの通称「牛巻システム」を使うこともあった。そうした技能を活かす一方で、プログラムが暴走することもしばしば。リスナーが「w」や「草」とコメントした回数が一定に達すると、「草」のエフェクトが流れる「草システム」が暴走した際には、大きな笑いを誘った。

木曽あずきさんは、アイドル部の中では唯一、動画投稿をメインとして活動してきた。ツイートも投稿も動画投稿も頻度が低く、メンバーの中でミステリアスな存在として知られていた。Twitterは2020年1月5日の誕生日のツイートを最後に途絶えている。

彼女の動画は独特なものが多く、自身がアニメーションを描いた「この世界の話。」では、その才能と独自の世界感を感じ取れる。

木曽あずきさんがアップロードしている数少ないゲーム実況動画では、面倒くさがりな一面を見せていた。独特な言葉選びやしゃべり方も彼女の魅力のひとつだろう。

StarryResonanceオーディション

.LIVEは2018年3月、新規メンバーを募集するという名目でオーディションを開始した。アップランドが開発中のゲーム「少女兵器大戦」の中からユーザー投票を行い、人気の高かった10人をアイドル部メンバーのビジュアルとして採用し、メンバーを募るという企画だった。

採用後は「少女兵器大戦」の姿から装いも名前も新たになったVTuberとして登場。この10人に加えて、入部以前にVTuberとして活動していた花京院ちえり(旧名は七篠ちえり)さん、もこ田めめめさんが加わり、2018年3月より12人で活動をスタートした

12人はそれぞれの目標を胸に様々な活動を行い、「よみうりランド VtuberLand!」(関連記事)や「超人女子戦士 ガリベンガーV」への出演などはたし、活動から1年が経った2019年には全員がYouTubeチャンネル登録者数5万人を突破。全員が3D化した。

同年の5月19日には1周年記念イベント「はんぱないパッション」が開催。アイドル部12人全員揃ってイベントに出演。スクリーンには、12個の星が輝いていた。

しかし、2019年10月に入るとメンバーと運営との間にトラブルが生じ、一部溝が生まれているような印象を受けるTwitterへの投稿が散見された。

そして、12月。夜桜たま、猫乃木もちが契約解除が発表され、急な出来事にファンと運営との深い溝が生じ、信頼回復などに時間を要した。後に、アイドル部の運営は一部方針転換をし、長期に渡ってコラボ配信に慎重な姿勢を見せてきたが、2020年頃からメンバーは、次第にホロライブやにじさんじなど外部とのコラボや交流も行うようになった。

特に今回引退となった八重沢なとりさんは、Twitterを中心に様々なVTuberと交流していたため、卒業発表のツイートには多くのVTuberからリプライがついた。

アイドル部は2020年に新衣装やオリジナル曲の制作などを行い、さらなるアイドルとしての活動を進めていたところで、今回のメンバーの卒業が発表。様々な困難もあったが、今日までアイドルとして輝き続けた。

一方で、金剛いろはさんが引退配信で発言したように、アイドル部はファンやスタッフなどに支えてきて存在することが出来たという事実がある。アイドル部を支えてきた人物に注目すると、竜崎あわいさん、oxxoさんなどが挙げられる。

竜崎あわいさんは、.LIVEにSDイラストを提供している傍ら、アイドル部の予定表を個人的に作るイラストレーターだ。アイドル部をはじめ、.LIVEメンバーが活動する予定表を非公式でTwitterに投稿を続けてきた。龍崎さんは、現在に至るまでほぼ休むことなく、予定表を作成し続け、アイドル部の「箱推し」に貢献した。

一方のoxxoさんは、2018年6月にニコニコ動画にてMAD動画「シロちゃん・馬P・アイドル部がブリーチOPで卍解する動画」をアップロード。この動画は、猫乃木もちさんがアニメ「BLEACH」のモノマネを配信で披露していたことにちなみ、ORANGE RANGEの「*~アスタリスク~」に合わせ、アイドル部12人と電脳少女シロさん、ばあちゃるさんの当時の.LIVE全員が登場しており、ニコニコ動画でアイドル部の二次創作品がアップロードされる活気を出した一因となった。

また、oxxoさんはこの動画をきっかけに.LIVEの映像面でスタッフとして関わるようになり、Prologue動画の星が輝く演出を担当している。この演出は前段のMAD動画を基にした演出で、「シロ生誕祭」で公開されたsupercell「君の知らない物語」の歌ってみたや「はんぱないパッション」でも引き継がれ、アイドル部率いては.LIVEを語る上で外せない人物といえる。

oxxoさんは、27日に新作のMAD動画「46000000000000000000000000000000000000000000001000% どっとライブSPARKING!」を公開。アイドル部12人全員、電脳少女シロさん、ばあちゃるさん、アイドル部デビュー以降に.LIVEに加わったメリーミルクさん、.LIVE 3期生の七星みりりさん、リクムさん、ルルン・ルルリカさんも動画に登場しており、.LIVEの1つの集大成を表現している。

アイドル部は、3年間VTuber業界に対して様々なものをもたらした。ファンやスタッフとして支え続けたことによって活動が成立してきた。この輝いてきた星々の一部は、灯が見えなくなってしまうが、栄光として、残ったメンバーやファンが語り継ぐことによって、輝き続けることだろう。

繰り返しになるが、花京院ちえりさん、神楽すずさん、カルロ・ピノさん、もこ田めめめさん、ヤマトイオリさんの5名はアイドル部を卒業後も.LIVEで活動を継続する。

(Text by ツナ津

●関連記事
.LIVE、アイドル部1期生の卒業を発表 牛巻りこ、木曽あずき、北上双葉、金剛いろは、八重沢なとりは.LIVEからも卒業
アイドル部・八重沢なとりが引退配信 「数あるVTuberさんの中から私と出会ってくれてありがとう」
アイドル部・北上双葉が引退配信 「私は満足しました。3年間。満足しちゃったから卒業する」
アイドル部・金剛いろはが引退配信 「いろははここにいる。見えなくなっただけで、あるって分かってたらあるのと同じだから」

●関連リンク
いつも応援してくださる皆様へ
.LIVE(YouTube)
.LIVE(Twitter)